1
読書

話題の本 芥川賞候補「平成くん、さようなら」古市憲寿

第160回芥川賞が明日発表になりますね。

候補者5人のうち知ってるのは1人だけ、その1人の本も1度も読んだことない!

ということで早速近所の本屋さんへ!

お目当の本を探すけど全然見当たらない。

なぜ?

話題の本じゃないのー?

アチャ
アチャ
芥川賞ノミネート作品のコーナーとかないのかよ!

近所の本屋さんはそんなに小さくないけどコーナーにはなってなくて、結局めっちゃ探して普通の棚に1冊ありました。

えっ?

平積みとかされてないの?

本屋さんなのに芥川賞なんて売り上げアップのチャンスじゃないのか?

なんともやる気のない感じですが、とりあえず買えたので良しです。

「平成くん、さようなら」古市憲寿!

最近めっちゃテレビ出てるし、人気ある。

歯に衣着せぬ物言いで人気で、結構私も好き!

本のジャケットは『う〜ん』

芥川賞候補じゃなかったら買わないな!

少なくても私はジャケ買いしないな。

衝撃的な始まり方だったので、初めからワクワクが止まらない!

本人が言ってるように、平成という時代をめっちゃ散りばめてる作品で流石社会学者という感じ。

本人も言ってる通り平成の間に読まないと意味合いが変わってきそうな感じはしました。

私は、芥川賞発表前に読みたかったので間に合いました。

発表後だとなんとなく、結果に私が流されそうだから!

私ってミーハーなの。

作品自体はサクサク読めるし、そんなに長くないので直ぐに終わりますよ。

面白かったし、考えるところもあったので読んでよかった作品でした。

明日の結果発表が楽しみです。

応援してるので、受賞するといいな。

 

平成くん、さようなら [ 古市 憲寿 ]

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です